エコカラットを正しく扱うための注意点について

エコカラットは室内で使用する壁用タイルの一種で、目に見えない微小な穴が無数に空いていることで空気中の湿度を吸収する作用があります。


そのため、室内の環境を常に最適な状態に保つことが可能です。

また、セラミックで作られているので一般的なタイルよりも軽量で扱い易く、日焼けなどの劣化が生じにくいのも利点の一つになっています。


エコカラットは表面に僅かな凹凸がある製品が多く、光を当てると特有の陰影が出来るのでインテリア建材として用いられるケースもあります。

使い勝手が良く広く普及しているエコカラットですが、その一方で使い方を誤ると吸湿性が低下したりひび割れなどの破損が生じることもあるので正しい扱い方を把握することが大切です。



エコカラットは空気中の湿度に合わせて吸湿と排出を繰り返す特徴がありますが、極端に湿度が高い環境やタイルに汚れが付着したまま放置すると吸湿性が落ちるので注意します。
特に浴室やキッチンなど、水濡れや油汚れが頻発する場所はタイルの穴が塞がってしまうので使用を避けます。



また、エコカラットは強い衝撃や摩擦に弱く、室内では普通に使用されている画鋲やカーテンなどによって破損してしまう場合もあります。

タイルが破損すると下地の壁材に汚れや湿気などが染み込んで劣化の原因になることから、速やかに新品のタイルと交換する必要が生じます。
生活環境を良好に保つためにはタイルの性質を把握して日頃から丁寧に扱うように心がけます。

教えて!goo関する情報選びにぴったりの情報を提供いたします。