紫外線硬化塗料によるフロアコーティングの利点と欠点

住宅の床材の保護と維持に欠かせないフロアコーティングには様々な方法がありますが、その中でも特に優れているといわれているのが紫外線硬化塗料を用いたフロアコーティングです。

これは、コーティングをしたい床面に紫外線硬化塗料を塗り、専用の機材を用いて紫外線を照射して塗料を硬化させて仕上げる方法ですが、この方法にはどのような利点と欠点があるのでしょうか。


紫外線硬化塗料によるフロアコーティングの利点は、なんといっても摩耗や薬品に対する耐久力の高さです。



他のコーティング方法だと10年前後の耐久力しかないのに対して、このコーティング方法は、室内を綺麗に使い続けていれば20年以上にわたって耐久力を維持することができます。

また、このフロアコーティングの方法は、塗料を塗ってから硬化するまでの時間がほんの数秒程度で済むのも特徴で、ちょっとした補修であれば比較的短時間で済ませることができます。

千葉のフロアコーティングの情報を得られます。

このような優れた性能を持つ一方で、欠点もいくつかあります。
まず、特別な機材を使用し、作業者にも一定以上の技術が求められるコーティング方法であることから、他のコーティング方法に比べて業者に依頼するときの料金が高くなるということです。


そのため、紫外線硬化塗料を使いたい場合は予算面はもちろん、その家に長期間住み続けるかどうかなども考慮した上で決める必要があるでしょう。

朝日新聞デジタルを知りたいならご活用ください。

また、この塗料でコーティングした後の床面は鏡のような強い光沢感を持つものとなりますが、これはコーティング剤を塗布するフロアによっては部屋の雰囲気にマッチしない場合があります。

この点は、仕上がりも重視してフロアコーティングの方法を選ぼうと考えている人は留意しておく必要があります。